紙袋ブログ

ノベルティで根強い人気!手ぬぐい解体新書

  • :2018年05月24日

絶妙な使い勝手で人気再燃!知ってそうで知らない手ぬぐいのこと

皆さんは手ぬぐいと聞いてすぐにイメージが浮かびますか?
「言葉としては知っているけれど詳しくは全くわからない」という方も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。
よくある利用シーンとしては、温泉で湯船に使っているときに頭に乗せている布、それが手ぬぐいです。

温泉
どじょうすくいをする人が頭から被って顎で結んでいたりする図もイメージしやすいでしょうか?

ひょっとこ
ダチョウ倶楽部の上島さんがよく被ってますよね(笑)
今では上に挙げたような用途で利用される方は少なくなっているようですが、ノベルティとしては年中通してご依頼がある人気商品です。
 
ただ、手ぬぐいと一口に言っても、どんな種類があってどう活用すれば良いのか?という部分までは知らない方も多いと思います。
今回は、このコラムをご覧いただいている方が贈る側、もしくは貰う側だったときに知っておきたい「手ぬぐいとは?」という部分をご説明させて頂きます。

そもそも手ぬぐいとは?そのルーツと現在までの遍歴

手ぬぐいは古くからあるものという認識の方が多いと思いますが、実際にいつから使われていたものかご存知の方は少ないと思います。
書物などで確認できるだけでも平安時代にはすでに存在し、明治時代にハンカチやタオルが一般化するまで使い続けられてきました。
手ぬぐいは、ハンカチやタオルと同じような使われ方をしていたほか、魔除けの効果があるとして頭から被ることも多かったそうです。
これがどじょうすくいの被り物のルーツと言われています。
 
また、生地が薄く滑らかだったため、各地方で染め物のベースとしてもよく用いられており、染め物文化の立役者でもあります。
先に述べた通り、現代においてはハンカチやタオルなどに押されてしまい、どこでも手に入るわけではなくなってしまいました。
しかし、手ぬぐいならではの風合いと使い心地から近年、再度注目が集まってきています。
 
最近では100円ショップなどでも可愛らしい柄のものが売られていたりするので目にされる機会も増えたのではないでしょうか?
認知が高まり、かつ手に入りやすくなった現在は、独特の風合いと使い勝手の良さから、ノベルティとしてもよく使われます。

手ぬぐいの定義

目の前にパッと手ぬぐいを出されたとき、すぐに判別できますでしょうか?
手ぬぐいとして販売されているものの中には「どう見てもタオルだ」というものもあります。
それでは一体手ぬぐいとはどのようなものを指すのでしょうか?
 
特徴として挙げられるのはサイズです。
ほぼ統一で 約90cm×35cm 程度のものが手ぬぐいと呼ばれます。
また、生地に関しては、木綿素材を平織り(縦横に縫っていくとてもシンプルな織り方)の布とされています。
ところが、近年では同じく綿素材のタオル地のものも、上記のサイズであれば手ぬぐいと呼ばれることがあります。
 
このような兼ね合いから、日本古来からある手ぬぐいは「日本手ぬぐい」、タオル地のものは「手ぬぐいタオル」と呼び分けられています。
つまり大きさが規定のサイズで、綿素材であれば広い意味で手ぬぐいとされています。
今回はタオル地のものではなく、昔ながらの日本手ぬぐいにフォーカスしてお話しを進めていきます。

昔ながらから今風まで!様々なタイプの手ぬぐい

手ぬぐいと一言に言っても生地や柄が多数あり、古くから使われている分、独自の規格や伝統的な柄が存在します。

生地の種類

生地は大きく分けて2種類に分類されます。

総理・文生地
総理生地や岡生地と呼ばれるタイプで、双方に明確なまでの差がないため、ほぼ同じものとして扱われています。
こちらの生地は太めの糸で編まれた生地です。生地の目が荒いため岡生地に比べると固めのさわり心地ですが、その分吸水性と速乾性が良いです。
汗を拭ったり、水回りで使う場合はこちらの生地がお勧めです。
岡・特岡生地
こちらは細めの糸で編まれています。
総理生地よりも生地の目がきめ細かく、しっとりした柔らかさを持っているため、染料や印刷が非常に綺麗に乗ります。
水回り以外での利用や、装飾品として利用する場合はこちらがメインです。

代表的な柄とその意味

いわゆるパターン柄です。そのままでも、プリントを施す場合でも、ベースとなる部分なので、代表的な柄をご紹介します。

豆絞り
豆絞り
均等に丸が並んだ模様のもので、現代で言う「水玉模様」に少し近い模様です。
水玉は列ごとに玉がずらされて配置されているのに対し、豆絞りは玉が規則的にならんでいます。
ひょっとこや板前さんが用いるのはだいたいこの柄です。
最近はプリントで綺麗な丸を表現していますが、昔は絞りという方法で染められており、その染め方ができるのは現在では極一部の職人さんのみのようです。

 

縞
英語で言う「ストライプ」で、世界各国で古来から用いられてきた柄です。
広い意味では線を用いた柄すべてが縞であるとされています。
市松や千鳥、矢絣なども縞に分類されることがあります。
太さや規則性、交差しているか否か、直線or曲線or折れ線なのかで、さらに細かい分類があるバリエーションに富んだ柄です。

 

市松
市松
英語で言う「チェック柄」と近いですが、チェック柄は色付きの線が交差する部分があり、生地色+分かれているという特徴があります。
はるか昔には「石畳」や「霰(あられ)」という名称で呼ばれていましたが、江戸時代に歌舞伎役者の「佐野市松」という方がこの模様の袴を用いた所、大変な人気を博したのがきっかけで、今でも市松という名前が浸透しています。
四角が上下左右どこまでもつながっていることから、「子孫繁栄」などの意味が込められています。
ちなみに2020年東京オリンピックのロゴにも市松模様の一種である「組市松紋」が用いられており、日本を代表する柄です。

 

唐草
唐草
草の蔓(つる)をモチーフにした柄です。
この柄を見た時に泥棒が風呂敷を背負っているイメージをされた方も多いのではないでしょうか?
このようなイメージが付いたのには理由があり、かつて泥棒は手ぶらで家屋に侵入した際に、盗品を包むための風呂敷(大きめの布)を最初に探したそうです。
当時の風呂敷といえばこの唐草模様が基本だったので、どの家にもあり、必然的に泥棒はそのお宅にある唐草模様の風呂敷で盗人を働くことが多かった…というイメージが現代まで誇張表現として根付いているのですね。
そのルーツは古代エジプトまで遡り、シルクロードを通じて日本に伝わりました。
どこまでも伸びていく蔦や蔓はまさしく生命力の象徴で、「長寿」や「一族繁栄」の意味で利用されています。

 

青海波
青海波
どこまでも広がる波を簡略化した模様の柄です。
そのルーツは古代ペルシャとされており、こちらも唐草模様と同様にシルクロードを通じて日本にやってきたといわれています。
「青海波」という名前は同盟の雅楽(ががく)という舞踊の演目名であり、それを演じる際にこの模様の衣装を身に着けていたことから、この柄自体も青海波と呼ばれるようになりました。
大海原がもたらす恩恵から「平和な暮らしへの願い」と、無限に広がる波模様から「未来永劫の願い」という意味が込められています。

 

千鳥
千鳥
これは柄だけでなく、某菓子のモチーフにもなっているように古くから親しまれてきた柄です。
千鳥は鳥の種類ではなく、水辺に生息するチドリ科の鳥を広く指す言葉です。
単に「千鳥柄」とされた場合は上のような2羽1対がパターンとして描かれているものを指します。
こんな可愛らしい柄ですが、名称の「千鳥」を「千取り」とかけて勝利祈願や目標達成というアグレッシヴな意味を持っています。
また人気の柄なので、下記のような派生もあります。

 

千鳥格子
千鳥格子
英語でいう「ハウンドトゥース柄」で、こちらは発祥がスコットランドです。
千鳥が列をなして飛んでいる様子に見えることから千鳥格子と呼ばれるようになりました。
しかし、現在ではどう見ても千鳥には見えないようなものもあるので、単に名残に近い名称です。
意味は発祥になぞらえて「中立性」を表します。

 

波千鳥
波千鳥
波の上に一羽、もしくは多数の千鳥を描いた柄です。
「一緒に波を超えていきましょう」という意味から、夫婦円満や家内安定を表します。

 

七宝
七宝
正円もしくは楕円を1/4ずつ重ねて描く柄です。
輪が延々とつながっている様子から円満や調和、ご縁などの意味があります。
そもそも「七宝」とは仏教の経典に出てくる7つの宝物【金/銀/瑠璃(るり:宝石)/玻璃(はり:水晶)/シャコ貝(千年生きるとされている貝)/珊瑚/瑪瑙(めのう:縞模様の鉱石)】を指します。
本来の意味である「人のご縁」は七宝にも匹敵する価値があるという意味を込めて「七宝」という名称が付いたとも言われています。

 

麻の葉
麻の葉
麻の葉模様は、六角形をベースにした幾何学模様です。
昔は整った形状のものには魔除けの効果があるとされ、中にひし形や二等辺三角形などの様々な形状を内包しているこの模様は、特に魔除けの効力が強いと信じられていました。
麻の葉模様と呼び方は、模様が広まった後に六角形に囲われた麻の葉が多数並んでいるように見えることから呼ばれるようになりました
麻は4カ月で4mも成長するほど成長が早いことから、元の意味も含めて「子供の健やかな成長」という意味を持ちます。
そのため古くから産着や乳児に着させる服によく用いられます。

 

矢餅(やがすり)
矢餅
弓矢の矢尻を縦方向に並べて幾何学模様のようにした柄です。
塗りと抜きで交互に矢尻を描くため市松模様に通じる部分があります。
破魔矢などでも知られているように、もともと弓矢には魔除けの効力があると信じられていました。
また一度放たれた矢は戻ってこないことから「出戻らない」という意味を込めて、嫁に出ていく娘の嫁入り道具をこの矢絣模様の布で包んで送り出したという縁起柄であるともされています。
そのような経緯もあり、現在では大学の卒業式の袴として人気の柄でもあります。

 

籠目(格子)
籠目
網カゴの目に見えるため、このように呼ばれています。
この形状、よく見ると六芒星(6つ頂点がある星)が多く含まれていることがわかります。
この六芒星自体を「籠目」と呼ぶ場合もあり、日本では古くから魔除け、鬼祓いの効果がある紋章だと信じられていました。
現在でも伊勢神宮の石灯籠にはこの紋章が掘られており、「邪を払う」という意味合いが特に強い柄です。

根強い人気はその汎用性にあった!バツグンの汎用性

タオルやハンカチの普及により手ぬぐいは一気に利用者が減ってしまいました。
現在では毎日使用するという人は少数派になりました。
しかし、抜群の使いやすさから、日常的には使わずとも特定の用途で現在でもニーズがあります。
一体どんな使われ方をしているのでしょうか?

1.汗を拭く

汗を拭く
カンカン照りの真夏日、汗を拭うためにタオルやハンカチを持ち歩かれている方は多いかと思います。
暑い夏場に荷物は最小限にしたい。汗を拭くためにタオルを持つけれど、かさばるのは避けたい…そんな時にお勧めしたいのが手ぬぐいです。
日本手ぬぐいの一番の特徴は、薄さと速乾性です。
タオルと同じ綿素材のため、汗を拭えるのは勿論。タオルに近いサイズでも、折りたためばハンカチくらいのサイズになります。
生地は薄いですが、吸水性はタオルに並ぶほど高いため全く問題ございません。
タオルよりも速乾性が高く、汗を拭っても長く湿気を保持しないため、不快感も全然感じさせませんね。
ハンカチ並のコンパクトさと、タオルと並ぶ利便性、さらに速乾性も高いという、それぞれのメリットが集まっています。
剣道では昔から一貫して手拭いを頭に巻くのですが、それはこの「薄くて速乾性が高い」という特性のためであり、タオルに置き換えられていない理由の一つです。
 

2.キッチン周りのふきんとして

布巾
こちらも比較的メジャーな使い方ではないでしょうか?
そもそも「ふきん」には手ぬぐいも含まれる場合がありますが、今回はそれ以外のタオル地やレーヨンなどと比較します。
手ぬぐいも、その他のふきんも吸水性に関しては十分に高いのですが、ここでもやはり速乾性が鍵です。
キッチン周りでふきんを使うといえば、汚れを拭く、洗い上がりの食器を拭く、調理器具を拭く…というのが主な活用方法だと思います。
どれも多分に水分を拭き取るので、よほどびしょびしょのまま拭くのでなければ、どの素材のふきんでも役不足はありません。
問題は拭き取った後です。
手ぬぐいはその乾きやすさから雑菌が繁殖する前にどんどん水分が乾いていきます。一方他の素材は、物によっては水切れが悪かったりするため、その間に雑菌だらけになってしまいます。
「毎食ごとに新しいのを使ってるから問題ない」という方もいらっしゃるとは思いますが、1日1枚ペースで交換するのなら経済的にも手ぬぐいを是非お勧めします。
ふきんとしての用途のために買い揃えるなら、生地は総理・文生地のものが最適です。

3.インテリアとして

こちらは少しマイナーな使い方かもしれません。
手ぬぐいはタオル地などと異なり、平織り布なので比較的表面の凹凸が少なく、印刷や染めが非常に映えるという特徴があります。
ご自身で作られる場合にも検討材料に入れていただければと思いますが、なによりこの特徴のおかげで、デザインに優れた既製品も数多く販売されています。
また旅行の際にも、その土地の伝統的な染め上げを行った逸品をお土産として購入できるケースも多々あります。
そのようなデザイン性の高い手ぬぐいはせっかくだから飾ってしまおうという活用方法です。
インテリア活用の中でも特にお手軽で人気が高いのは「のれん」と「ファブリックパネル」、「タペストリー」です。
 
◆のれん
のれん
どのお家にも需要があると思われる、のれんとして手ぬぐいを活用する方法です。
枠に押しピンなどで固定してもいいですし、つっかえ棒を通せるように端を縫ってあげれば立派なのれんに早変わりです。
絶妙な長さなので、戸やドアなどに使えば取っ手部分にはかからない程度の高さで収まりますし、小窓くらいならちょうど全て覆ってくれるので、使い勝手は良好です。
 
◆ファブリックパネル
ファブリックパネル
「ファブリックパネルを飾りたいけど好みの柄が見つからない!」と嘆かれている方に非常にお勧めです。
お好みのサイズの発泡スチロール(平たくて四角系にできればなんでもいいですが、一番軽くて成形しやすいので)を包み、裏を安全ピンや押しピンで固定してしまえば完成です。
さらに完成度を増したいのであれば、裏に薄い木の板かシートなどを貼れば完璧でしょう。
「もっと本格的にしたい!」ということであれば、専用の木製パネルと吊紐、金具のセットがAmazonにて1,000円程度で販売されていますので、こちらもお勧めです。
【商品リンク】https://goo.gl/qsxzxG
 
◆タペストリー
タペストリー
ざっくり言えば布製の掛け軸です。中世ヨーロッパで盛んに用いられていた、貴族御用達のオシャレアイテムですね。
こちらも同じく、好みの柄の手ぬぐいがあれば非常にお手軽に作ることができます。上下に木の棒を付けて、その棒にひっかけるための紐をくくりつければ完成なのですが、上下の木の棒と固定するのが少し加工が必要です。苦手な方はそれ用のセットがAmazonにて販売されていますのでこちらを活用しましょう。
こちらもワンセットで1,000円に満たないため、サクッとお気に入りのタペストリーを作っちゃいましょう。
【商品リンク】https://goo.gl/keHi9k
 
上記に挙げた用途以外にも、ブックカバーやお弁当袋などまだまだ活用方法はありますので、気になられる方はまた調べてみてください。

オリジナル手ぬぐい制作で気をつけなければいけないこと

ここまで手ぬぐいの特徴や活用方法について述べてきましたが、最後にご自身でオリジナルの手ぬぐいを製作される場合の注意点をいくつかご紹介します。
レレカで製作される場合はもちろん、どこでつくる場合でも共通する可能性がある部分ですので、検討材料としてお読み下さい。

印刷方法に関して

手ぬぐいで用いられる印刷方法は大きく分けて3つです。

◆染め
染め
手ぬぐいといえば染め物というイメージの方も多いと思います。
染めの特徴は「味のある出来栄え」です。滲みや濃淡などによって、1枚1枚が同じ仕上がりにならない点がオリジナリティを演出してくれます。
染め方にもよりますが、一般的なプリントでは表現できない裏にも通る染め方や、難しいグラデーションにも対応します。
後述のプリントスクリーン印刷ではグラデーションができないため、検討の材料になりますね。
 
また、費用面も特徴があります。
染めの場合も型(染め/印刷ともに使うハンコのようなもの)を使って色を入れますが、何色使うとしても1つの型のみで表現できます。
顔料によるプリントは1つの色に対して1つの型を用意する必要があるため、複数色の印刷になればなるほど型の製作費と製作期間が必要です。
特にこの型代は製作費の中で占める割合が大きいため、多色刷りは染めのほうが安くなる場合も十分あります。
 
デメリットは、細かいデザインが苦手ということです。
注染はその字の通り、デザイン通りにくり抜いた枠(版)に染料を注ぐことで色をつけます。それにより独特の味が出る一方、滲みや細かい色分けができていない箇所が必ず生じます。
そのため線が細い・柄が細かいデザインでは潰れてしまう可能性がありますので、デザインの作成も気をつける必要があります。
また、油性顔料などと異なり染料の耐久性はそこまで高くないため、漂白剤を使うと色落ちしてしまう場合もあり、あまり強力な洗い方はされないほうが良いでしょう。
 
◆顔料によるシルクスクリーン印刷
シルクスクリーン印刷
こちらは染めとは異なり、インクを版から透過させる事によって印刷する「シルクスクリーン」という技法です。
染めの説明で少し触れましたが、布地などに印刷される場合に広く利用されている印刷方法です。
 
シルクスクリーン印刷のメリットは、機械による印刷ができるため、出来上がりが綺麗で一定なところです。
印刷方法を簡単なイメージで説明すると、ハンコを押すように印刷します。
その版もデジタルのデザインを綺麗にトレースして作れるため、イメージしたデザインが思い通りに印刷されるという点もメリットでしょう。
また機械を用いる印刷の中では、比較的ランニングコストが低いため、ある程度の枚数があれば価格が低くなるのは嬉しい点です。
 
デメリットは染めの裏返しになっており、にじみやゆらぎといった「味」を表現しづらい、グラデーションの印刷ができない、多色刷りだと版代が多くかかってきてしまうという点があげられます。
このような違いがあるので、業者の方に相談しつつ、ご自身の予算と要望に近い方法を選ぶのが良いでしょう。
 
※反応染めに関して
先ほど挙げたメリット・デメリットは本染め(注染)と言われる本格的な染めの方法を用いた場合の記述です。
業者によっては『反応染め』という記述を目にしますが、これは『反応染料という染料を用いたシルクスクリーン印刷』です。
 
レレカでは手ぬぐい以外でもオリジナル製品を作っていますが、そういった布バッグなどに印刷する際に用いるのがこのシルクスクリーン印刷です。
シルクスクリーン印刷だからこその良さも存在しますが、染めを期待して依頼しても出来上がってくるのは「染めっぽい雰囲気の材料を使った普通の印刷」です。
お値段は抑えられますが、特別味がある仕上がりにはなりませんのでご注意下さい。
 

素材と色数の組み合わせ

印刷は多色刷りになればなるほど、それぞれの色での印刷精度が求められます。
多色印刷の場合、例えば黒/赤/青の3色でデザインが構成されているとしたら、まず黒の部分のみを刷って、次に赤、最後に青という風に、それぞれ単色のハンコを順番に押すように印刷します。
そのうち2色が隣り合わせになっている部分などがあった場合、うまく擦り合わせないと隙間ができてしまい、下地がでてしまいます。
理由もなく目立つほどずれてしまうようなことはあまりありませんが、万全を期すという意味で、生地は印刷しやすい生地を選ぶべきでしょう。
そのため、手ぬぐいで言えば「総理・文生地」よりも目が細かく滑らかな「岡・特岡生地」の方が多色刷りに向いています。
 
余談ですが、日本手ぬぐいではなく「手ぬぐいタオル」を製作する際は、より気をつけた方が良いです。
手ぬぐいタオルは日本手ぬぐいと異なり、生地が起毛状になっているため、非常に印刷しにくいです。
色数が増えるほど色ごとの余白や被りが増える上、業者ごとの技術差が出やすいのも懸念点です。
もし、手ぬぐいタオルで多色刷りを行いたい場合は、多色刷り向けの「シャーリング加工」という加工を施した生地を手ぬぐいサイズで注文する方法が望ましいです。
シャーリング加工とはタオルの生地のうち、表面部分を半分をカットすることで起毛ながら平らな表面を擬似的に作り出す加工で、通常のタオル地に比べてかなり印刷が乗りやすくなります。
タオル地にこだわりがあれば、シャーリング加工で製作できる業者を探されることをお勧めします。
 

生産ロットと価格の関係

最後にロットと価格の関係についてです。
手ぬぐいに限った話ではなく、オリジナル印刷を行う上で特に悩まれるところかと思います。
過去にオリジナル製品を注文された際に、予想以上に多い枚数でないと製作を依頼できなかったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらは製造や印刷にかかるイニシャルコストが関係しており、固定費を賄う最低限の価格が決まってしまっているためです。
 
例えば、1枚あたりに素材と印刷が100円かかる商品があったとします。こちらを生産するために最低限必要な機械の運転費用や型代がイニシャルコストとして3万円かかるとします。
この条件で10枚と100枚というロットで比較した場合、

◆50枚の場合:100円×50枚+30,000円=35,000円
◆100枚の場合:100円×100枚+30,000円=40,000円

枚数は倍の数を製作しているのにも関わらず、費用はほとんど変わりません。
このような価格だと魅力的な価格だと感じていただけないので、そもそも「100枚〜しか作れません」という風にご案内せざるを得ません。そのため最低ロットが設けられております。
 
ところがこの最低ロットは印刷方法によって大きく異なります。例えば、機械にかかる費用が半分なら?版の費用が半分なら?という風に、イニシャルコストは印刷や製造の手法次第なのです。
そのため少し印刷方法の項にも書きましたが、ざっくり手ぬぐいで用いる印刷方法それぞれの特徴は以下のとおりです。

染め
基本的には手作業に近いので、機械の稼働費用などは大きくかかりません。
染めに用いる型が必要なので型代はかかりますが、多色刷りだとしてもそれ以上の版代はかからないため、そちらも価格的なメリットですね。
ただし、注意するべき点が1点あります。
「複雑な工程を必要とする染め方」の場合は染め職人さんの人件費が大きくなるため、染めは『小ロットからでも作りやすいが染め方で最低価格が変わってくる』と思って下さい。
シルクスクリーン印刷
こちらは機械を利用して印刷をするため、機械の稼働費用と型代がかかります。
そのため、ある程度の数量は頼まないといけません。
最低ロットは業者ごとに異なると思いますが、相場ではおよそ「100枚〜」が多いのではないでしょうか。
また印刷色数を増やすことで必要な型が増えるため、そのあたりも検討材料です。
ただ、紙袋やポリ袋などの大量生産機にくらべると遥かにイニシャルコストは低く、そのような商品は「最低500枚〜」、機械の種類によっては「5000枚〜な」どもあるので、それらと比べると100枚でも採算が合うシルクスクリーン印刷はリーズナブルですね。

以上の3つに気をつけていれば、ご予算の範囲内で最大限ご要望に合う手ぬぐいが作れると思います。
今日まで手ぬぐいを持ったことがなかった方も、このコラムで少しでも興味をお持ちいただけましたら嬉しい限りです。
レレカでもオリジナル手ぬぐいの製作は可能ですので、上の説明ではわかりにくかったところや、他のご質問などがあれば、ぜひお気軽にご質問ください。
 
お問い合わせはこちら
 
それではよい手ぬぐいライフを!


LINEで送る
Pocket

素材から選ぶ

コットンバッグ ポリエステルバッグ 不織布バッグ デニムバッグ リネンバッグ(麻+綿)

形状から選ぶ

船底バッグ 角底バッグ 平袋 巾着袋 折りたたみバッグ

お問い合わせ

実績一覧 フルオーダー制作 参考価格表 お見積もりフォーム お問い合わせ

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ よくあるご質問 デザイン入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー 運営会社

他商材リスト

販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他